まーまとれーど

夫は個人事業主(兼業)、妻は個人投資家(専業)のでこぼこ夫婦。

ふるさと納税に対する夫婦の考え方の違い

 

 

f:id:trader-life:20180427120719j:plain 

ふるさと納税は “節税” ではありません。

その名の通り、“節税” ではなく “納税” です。

 

今後支払う予定の税金を先払いするのであって、

お金のやり取りでお得にはなりません。

 

ふるさと納税による還付金はお得になったんじゃなく、先払いした税金分(過払い分)が返金されるだけ。お金のやり取りでは、お得どころか2,000円分は自己負担なので損です。

 

ですが

 

特産品などがおまけでもらえるよってことです。

特産品の分 - 2,000円」の分がお得ってことです。

 

どうせ支払うべき税金なんだから先に払っといて品物をもうらう方がお得じゃん」と、夫は言います。

お金と品物全体を統合して「お得」と判断する夫。

 

でもさ2,000円は自己負担だから2,000円損じゃん」と言う私。

私はお金のみに注目するので「損」と判断する妻。

 

もらえる特産品は確実に2,000円以上の元は取れるとわかっちゃいるけど、「物より金」がほしいのです……

 

株の売買でも「株主優待よりも売却益をくれ」というタイプです……

 

 

が、一年前にこう気づいたのです。

 

ふるさと納税で絶対的に支出する予定の品物をもらえば、その分買わなくて済むから金銭的にお得になる、と。

かつ、どうせ2,000円払うなら限度額ギリギリまで納税した方がお得じゃん、と。

 

(つまり、どうせ2,000円投資するなら、限度額内でめいいっぱい品物もらった方がお得じゃん、と)

 

限度額超して単なる寄付になるのはバカらしいので、去年まではけっこう余裕みて少なめの金額でふるさと納税してましたが、「今年は限度額めいいっぱいやったろう」という意気込みです。

 

ただ

 

確実に限度額めいいっぱいふるさと納税することよりも、確実に限度額内に抑えることの方を重視しますけど。

 

さて……

 

納税先 = もらえる品物選びですが、

 

  • 夫:「こういう機会には、普段買わないものをあえてもらって生活の質を上げたい」という考え。今まで選んだものは、観葉植物・こじゃれたランタン・普段飲まないお酒など
  • 妻:「どうせ支出するものをもらう方がお得だ」という考え。食費が絶対的に浮く食材系がほしい。今まで選んだものは、お肉・普段飲むお酒・おかずがわりになる食べ物系が多い

 

夫婦でこんな違いがあります。

 

そこで、公平になるように「1か月ごとに交代で好きな品物を1つ選ぶ」ように夫婦で決めました。

 

(場合によっては2つ)

 

年の後半は限度額を絶対に超さぬよう、年収をみながら納税額を調整します。

かつ、できるだけ限度額めいいっぱいふるさと納税して、自己負担2,000円に対する元をめいいっぱい取ったろ~。