まーまとれーど

夫は個人事業主(兼業)、妻は個人投資家(専業)のでこぼこ夫婦。

全てのはじまりは節約から

f:id:trader-life:20180624163534j:plain

 私が節約と貯金に目覚めたのは結婚してからです。

 

今でこそ、投資にも節税にもガツガツしてますが、ここまでくるには結婚してから7~8年かかってます。

 

まだまだできることはあり、道半ばですが、やっと軌道に乗ってきた感じはあります。

 

その全てのはじまりは節約からでした。

 

 

結婚してから家計を預かる身となり、はじめて水道光熱費や通信費がどれだけかかるものかを知りました。

 

結婚したばかりの頃は、夫の収入も今の半分に近いくらいでしたから、「このままでは貯金どころではない!」って焦ったところからスタート。

 

貯金するために、まず節約して「❶支出を減らす」ことを徹底的にやりました。

 

ネットや図書館で節約ワザを調べて、「やれることは全てやる」という勢いで。

 

「水道光熱費の小ワザ」から「ネット回線・携帯・保険の見直し」まで、やれることはやる。

 

特に、保険を夫の会社の団体保険に変更したことの節約効果は大きいです。

 

同時に、全てのクレジットカードを解約して現金管理をし、不要な銀行口座も全て解約しました。無駄に払っている年会費や手数料や金利が発生している案件がないか、支出の洗い出しをしました。で、無駄があれば即切る(解約なり精算する)。

 

一旦クレジットカードと銀行口座の整理をし、節約ワザを一通り施し終え、節約が板についてきた後は、ATMでのお金の引き出しや振り込み時に手数料がかからない銀行を新たに開設したり、ポイントが貯まるクレジットカードを新たに契約しました(夫が)。

 

【手数料や金利の支払い撲滅】と、【貯められるポイントを貯めること】の徹底をしました

 

そこで、私の車のローンと夫の奨学金を一括返済して、ローンゼロ状態にしました。

 

金利は払うものではなく受け取るもの

 

そう心に刻みました。

 

その頃は、貯金を少しでも増やしたいので「❷収入を増やす」ことを意識して、ポイントサイトやら、アンケートサイトやら、懸賞に凝ってました。

 

それが私が今すぐできることであったから

 

そして、お得であることを何よりも 「善」としました。

 

 

で、私が節約を意識しはじめたばかりの頃は、よく同居家族とケンカしてました。

 

「もったいない!もっとちゃんと節約して!」

 

と、「節約、節約」うるさかったな……

 

そんなケンカをのり越えて(私と家族がお互い譲歩し合って)、今となっては水道光熱費がかなりマシになってきました。通信費は夫の知識のおかげで、かなり安い。

 

(「もっといけるとは思うけどそんなことでケンカになるは損なのであえて現状でヨシとしている

 

同居家族には求めず、自分一人だけの中で節約に燃えてます。

 

その時培った「節約魂」は、今も消えることなく生きてます。

 

とにかく1円でも節約して、1円でも貯金したい!

 

この考えは根付いてます。

 

しかし

 

現状でできる節約ワザをやり切り、節約だけではもうこれ以上貯金を増やせない……

 

でも

 

「もっと、も~っと貯金を増やしたい!」という思いが強くなり、「❸貯金を運用する」ことに行き着きました。

 

また

 

夫は起業家、妻は投資家のでこぼこ夫婦。」で書いてるように、価値観の違う夫と共に生活する中で、お得が何よりの「善」ってワケではない、と思い知りました。時と場合にもよるんだ、と。

 

 

「自分が何を目指していて、自分が大切にしたいものは何なのか」

 

「お金を使うことが「善」の時もある」

 

「【善のことをする】んでなく、

自分が【善になる】ことが大事」

 

 

こういった考え方を知る = 成長もあったりで、「節約は正義」という考え方からは脱しました。

 

私にとっては「投資を通しての成長が、一番学びがある」と感じてます。

 

ですが

 

全てのはじまりは節約からであった、ということです。

 

「貯金をしたいけど何からはじめていいかわからない」方は、まずは節約をして「❶支出を減らす」ことからはじめてはどうでしょうか。

 

(副業や投資をはじめるより、手軽にはじめられるスモールステップ)

 

そして

 

「もっと、もっと」となるのが人情。

 

「❶支出を減らす」ことを極めた暁には、おのずと次のステップ「❷収入を増やす」⇒「❸運用する」に興味がわくのではないでしょうか。

 

▼「節約&家計管理」系の中では、唯一おすすめの本です。

 

正しい家計管理

 

 

▼この本についてる「長期プラン表」を一度書いてみることをおすすめします。さらに、この本に書いてあることを実行すれば、漠然としたお金の不安がやわらぐでしょう。

 

正しい家計管理・長期プラン編 老後のお金