まーまとれーど

夫は個人事業主(兼業)、妻は個人投資家(専業)のでこぼこ夫婦。

2018年版投資方針【2018年6月記事作成】

 

 

f:id:trader-life:20180923122229j:plain

 

*おことわり*

この記事はリアルタイムの記事ではないです。実際の投資時期とズレが生じてます。

 

 

現在投資しているもの

(上から割合が多い順)

 

  1. 個別株(マザーズ銘柄)★現在の核
  2. 米株ETF(VOO:VYM = 1:1)
  3. 米ドル(積立FX)
  4. eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)(投信積立)

 

これらを基本としています。

 

また、おまけ感覚で

 

  • iFree S&P500インデックス(投信積立)

 

ほんの少額やってます。

 

今、S&P500に連動する投資信託を買うなら、『iFree S&P500インデックス』より信託報酬が安い『eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)』一択ですが、eMAXIS発売前からiFreeを買いはじめてたんで、そのまま継続してます。

 

(iFreeの積立元本は少額なので信託報酬の差は軽微だし、使途がはっきり分かれてるので、管理上都合がいいからそのままにしてる)

 

個別株は現在マザーズ銘柄ですが、買いたい銘柄があれば東証一部でも米株でもいいです。

 

また、個別株集中投資で資産を増やした暁には米株ETFが投資の核となるよう調整したいです。

 

資金の捻出方法ですが

 

  • 【個別株】:現在証券口座にある資金のみでまわしている
  • 【米株ETF】:個別株の利益の一部と毎月の貯金から割り当てる
  • 【米ドル積立FX】:毎月の貯金から割り当てる
  • 【eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)積立】:個別株の利益や貸株金利、やりくり費の余りとか複数の口座から余剰金をかき集めてまかなう
  • 【iFree S&P500インデックス積立】:個別株の貸株金利でまかなう

 

こんなかんじ。

 

iFree S&P500インデックス積立は、月によって積立額を変動させてます。

 

市場のアノマリーを参考にして、上がる傾向がある月は少なめ、下がる傾向がある月は多めに設定します

 

といっても、積立平均値は月5,682円ですので、ほんの少額です。

「貸株金利が入ってくるから、お小遣い程度でも一応やっとこう」という感じです。

 

放置してるくらいなら投資した方がマシ……ということで。)

 

これは、元本と利益あわせて100万円程度まで積立てることが目標。

この100万円で豪華客船の旅に行くつもりです。

 

私が売買する新興銘柄は貸株金利がわりといい値段になるので、下手な配当金よりおいしいかもしれません。

 

貸株金利は雑所得なので、税金面では配当金の方が優遇されますけどね)

 

iFree S&P500インデックス積立は、「投資」というより「お小遣い」感覚です。

 

ですので

 

  1. 個別株トレード
  2. 米株ETF & 米株投信積立(*iFree分除く)
  3. 米ドル積立FX

 

上記が、「投資の三本の矢」になります。

 

 

あとですね、完全なお試し枠として

 

  • ベトナム株(100万円分)

 

投資してます。

 

ベトナム株に投資するかぎりはそれなりの考えがあるからですが、とにかく情報量が少ないです。「0円になっても何とかなる許容範囲が100万円」ということです。

 

 「何とかなる」というだけであって、「0円になっていい」なんてこれっぽっちも思いませんけど……

 

 

投資方針としては

 

  • 【個別株トレード】:計画通りの値段で売買する。計画厳守!!
  • 【米株ETF】:VOOとVYMを年2回ずつ買う
  • 【米ドル積立FX】:毎週1回積立
  • 【eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)】:毎月1回積立 
  • 【iFree S&P500インデックス】:毎月1回積立

 

これらをすることです。

 

個別株以外は、値段関係なく、あらかじめ決められた日に決められた金額分買うだけ

 

計画を守ることが、投資方針です。

 

投資の中で「計画」が一番大事なカギなので、私が一番時間をかけて丁寧にすることは計画を立てることになります。

 

(売り買い自体は数字入力してクリックするだけ……)