まーまとれーど

夫は個人事業主(兼業)、妻は個人投資家(専業)のでこぼこ夫婦。

もし、ブログで稼いで扶養はずれたらどうする?って皮算用【自分のための覚書用】

f:id:trader-life:20180712172251j:plain

主婦が株トレードで稼ぐことの素晴らしいところは

 

源泉徴収ありの特定口座」を使えば、いくら稼いでも夫の扶養でいられる

 

ってところ。

 

これは、素晴らしすぎる。

 

FXでも、仮想通貨でも、アフィリエイトでも、ポイントサイトでも、稼ぐと所得としてカウントされるのに、株だけは源泉徴収ありの特定口座」を使い確定申告不要を選べば、所得としてカウントされない。

 

どう考えても、わざわざ確定申告するわけない(*)。

 

(*配当金控除外国税額控除貸株金利(雑所得)に関しては別ね。

あと、主婦で株の利益が少額なら確定申告で自動徴収された税金が還付されるので、その場合も別ね)

 

で、

 

夫の扶養に入りつつ株トレードをやりながら、わざわざブログを書いてる理由は

ブログで月5万円稼ぎたい」からだ。

 

 

以前、ブログで稼ごうとして全力でブログ作りをしたことがあるので、ブログで稼ぐことの難しさは身をもってわかってます。

 

「私がブログで稼ぐのはムリ」

 

そう結論づけたこともあります。

 

しかし

 

株トレードでも「私がトレードで稼ぐのはムリ」と一度退場した後、それでもあきらめずにやり続けたら結果が出てきた、という経験をしているので、「あきらめずにやり続ければブログでも(多少は)いけるんじゃない…?」という気持ちになるんですね。

 

それで

 

「もし、思いのほか稼げて月5万円どころか月10万円稼いじゃったらどうしよう……扶養はずれちゃうじゃん!」

 

なんて、皮算用してしまうのが人情。

 

「月10万円ブログで稼いだらどうなるか」について、本気で考えてしまいました……

 

もしも稼げた時用に、まとめておくことにします。

 

*おことわり*

以下の考察は配偶者や扶養者がいるか、パートか専業主婦か個人事業主か、夫の所得や住んでる地域によって条件が変わってくることもありますので、あくまで【私の場合】って話です。あしからず。また、2019年現在の情報になります。

 

 

先に結論から言うと、

 

  • 月10万円年120万円稼いでも夫の扶養からはずれずに済む
  • ただ、所得税と住民税の支払いは発生する
  • 夫は配偶者控除38万円控除)」が使えず、「配偶者特別控除所得に応じて段階的に控除)」を使うことになる

 

継続して月収10万8,334円(年収130万円)を超えると扶養からはずれる

 

(月10万円稼いでも夫の扶養でいられるようだ。あ~~、よかった……)

 

よく言われてる所得税が発生する壁は年収103万円、社会保険料(年金保険料・健康保険料)が発生する壁は年収130万円。

 

ですが

 

所得税の103万円の壁は、「給与所得控除の65万円」と「基礎控除の38万円」をあわせた金額であり、給与をもらっていない専業主婦のブログだけの収入ならば給与所得控除の65万円は使えず、「基礎控除の38万円を超えると所得税が発生するつまり38万円の壁になる

 

専業主婦は年38万円を超える収入があったら確定申告が必要になる

 

もし、専業主婦が個人事業主となり青色申告すれば、「青色申告特別控除65万円があるので、「基礎控除38万円とあわせて103万円の壁になる

 

なので

 

専業主婦の私が青色申告する前提で話を進めます。

 

また

 

妻の年収が所得税の壁103万円を超えると、夫は「配偶者控除の38万円」の控除ができなくなる

 

(なぬ!?)

 

ですが

 

妻の年収が103万円超え150万円以下青色申告の事業所得 or 給与所得なら、「配偶者特別控除38万円)」あり。(*夫の所得900万円以下の場合)

 

150万円を超えても201万円まで(青色申告の事業所得 or 給与所得)は、「配偶者特別控除」が使え、38万円より少ないながら収入に応じて段階的に控除される。(*夫の所得制限あり)

 

それなら、夫の扶養からはずれたくないし税金も払いたくないから、103万円以下の稼ぎでいいな。

 

となると

 

年103万 ÷ 12ヶ月 = 月8万5,833

 

月8万5,833円の稼ぎなら、年収103万円以内におさまる。

 

この場合、

 

  • 夫の扶養でいられる
  • 所得税は発生しない
  • 住民税は発生する(*私の住んでる地域では、所得が年28万円以下であれば住民税非課税)
  • 夫は配偶者控除が使える

 

ってことだな。

 

会社によっては妻が個人事業主ってだけで夫の扶養に入れないこともあれば青色申告でも扶養の範囲内の稼ぎならOKって会社もあるようなので要確認

 

また

 

個人事業主の節税には、

 

  • 青色申告(青色申告特別控除)
  • 確定拠出年金(掛金は全額所得控除)
  • 小規模企業共済(掛金は全額所得控除)
  • 経営セーフティ共済(掛金を必要経費として計上)

 

などあるわけです。

 

経費や控除を駆使して所得を減らせますが、扶養を年収で判定するのか所得で判定するのかややこしい~

 

先ほど社会保険料(年金保険料・健康保険料)は130万円の壁と言ったんですが、パートやアルバイトは税引き前の収入で判定するのに対し、個人事業主は一般的に収入から必要経費を引いた所得で判定する。

ただし、夫が加入している協会けんぽ or 組合健保に、年収で判定するのか所得で判定するのか要確認。

 

とか、めんどう……

 

なので

 

103万円の壁だけを考えることにします。

 

で、所得が年28万円超えると住民税が発生するんで、住民税も発生しないラインをさらに考えます。

 

所得税の基礎控除は38万円」ですが、

 

住民税の基礎控除は33万円」なので、

 

青色申告して住民税が発生しないラインは、「青色申告特別控除65万円基礎控除33万円とあわせて98万円の壁になる。(*ただし、地域によっては住民税の均等割が発生する)

 

(↑これが住民税の計算に使うライン

 

ですが

 

私の住んでる地域(生活保護基準の3級地)では、所得が年28万円以下であれば住民税非課税。28万円超え35万円以下であれば住民税の所得割非課税(住民税の均等割のみかかる)。

 

均等割は5,000円程度と少額なので払ってもいいとして、「青色申告特別控除65万」を控除後の所得が35万円以下になるようにしたい。

 

65万 + 28万(均等割&所得割非課税ライン)= 93万

65万 + 35万(所得割非課税ライン)= 100万

 

年収93万円超え100万円以内ならば、住民税の均等割(5,000円程度)のみの負担で済む。

 

(↑これが住民税の課税の判定に使うライン

 

 

住民税は、「住民税の計算に使うライン」と「課税の判定に使うライン」と違うので、ややこしい~

 

住民税がかかる課税ラインは配偶者や扶養者がいるか住んでる地域によって変わってくるので要確認

 

 

青色申告する前提で、

税金がかかる課税ライン(私の住んでる地域の場合)をまとめると…

 

  1. 年収93万円以内………住民税も所得税も完全非課税
  2. 年収93万円超えから100万円以内……住民税所得割と所得税は非課税、住民税均等割は発生する
  3. 年収100万円超えから103万円以内……住民税は発生する、所得税は非課税
  4. 年収103万円超え………住民税も所得税も発生する

 

ってことだな。

 

なので

 

年93万円以下(月7万7,500円)の稼ぎなら、住民税を全く払わずに済む。

 

均等割は5,000円程度と少額なので払ってもいいとして、所得割の非課税ラインは所得が年35万円以内だけど、所得を「基礎控除の33万円」以内におさめれば確実だな。

 

(↑「青色申告特別控除65万」を控除後の所得ね)

 

ってことで、目指すラインは

 

  1. 年98万円(月8万1,666円)
  2. 年100万円(月8万3,333円)

 

1~2の間ってとこかな。

 

この場合、

 

  • 夫の扶養でいられる
  • 所得税は発生しない
  • 住民税の均等割(5,000円程度)は発生する
  • 住民税の所得割は発生しない
  • 夫は配偶者控除が使える

 

うん、これがいいんじゃない?!

 

それならば…

 

「ブログの目標:月8万1,666円稼ぐ

 

でいこう!

 

これだけ稼げれば十分だし。

 

むしろ、超えてほしくないような……ほしいような……

 

ただな~

 

所得を減らすために青色申告するとして、必要経費を計上して……ってめんどうだな。

 

もう株だけでいいじゃん……って思えてきた。

 

それでも

 

なんでブログ書いてるかというと

 

「まあ、そんな心配するほど稼げないでしょうね……」

 

って結論になったからです。

 

「稼げるようになってから考えればいいや~」

 

ってね。

 

とりあえず、奇跡的に最終目標の「月10万円稼ぐ」を達成できても、年収130万円以内だから夫の扶養からはずれずに済むってわかったし、ブログ収入の目標値を上げなくてOKってことで、気楽にブログを続けていこう。

 

夫の扶養である専業主婦の私が、一番気楽でいられるラインは、ブログ収入年28万円以内だな。

 

(今のところ、このラインを超えていない)

 

それなら所得税も住民税もかからず、確定申告も不要だ。

 

(住民税の申告は収入ゼロであっても毎年している)

 

パートならば稼ぎすぎた時の調整ができるけど、ブログだと調整できないよな……

 

稼ぎすぎたら、必要経費や所得控除を増やして対応していかないとな……

 

もしブログで稼げるなら、できる限りの節税対策(青色申告・小規模企業共済・確定拠出年金・生命保険料控除)を考えてはいるが……

 

(だから、そんな心配するほど稼げないから安心しなさいって💦)

 

 

*最善の注意を払って情報を提供していますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。

*当ブログの内容に沿って税金の手続きや申告を行い何らかの不都合や損害が発生した場合にも当ブログは一切の責任を負いません。読者様の自己判断において税金の手続きや申告をされるようお願いいたします。

*実際の税金の手続きや申告等は、お近くの税理士・公認会計士などの税務の専門家、税務署と相談の上進めてください。