まーまとれーど

夫は個人事業主(兼業)、妻は個人投資家(専業)のでこぼこ夫婦。

今の私ができる社会貢献はなにか?考察

 

 

f:id:trader-life:20180729143613j:plain 

なんで社会貢献について考えるのか?

 

「人見知りのごく平凡な主婦である私が、今できる社会貢献はなにか?」

 

「そもそも、なんで社会貢献について考えるのか?」

 

社会貢献というと「世のため、人のため」・「人の役に立つため」にやるようなイメージが強いですが、

私は「自己成長・自己鍛錬のため」という目的でやります。

 

なぜなら

 

株トレードで【自己成長・自己鍛錬】がどれだけ大事か、身に染みてるんでね。

 

手法より自己成長自己鍛錬こそが大事だと思っている

【手法 :自己成長・自己鍛錬 】くらいじゃないかと……)

 

内面の旅は充実感をもたらすだけでなく、より良い投資家になるためのカギにもなる。(p.265)

 

 

実を言うと、内面の旅をどのように行うかはあまり重要ではない。大事なのは、それをすることなのだ。

(中略)

投資家にとって、そのメリットは計り知れない。この自己認識が内面を強くし、避けることができない逆境に対処するためのより良い備えとなってくれるからである。(p.273)

 

 

(出典:ガイ・スピア(2015)『勘違いエリートが真のバリュー投資家になるまでの物語』長尾慎太郎監修,井田京子訳,pp.265-273,パンローリング.)

 

要は…

 

「株トレードのため(=自分のため)に、社会貢献が必須課題」なのであります。

 

(結果的には、誰かのお役に立てるかもしれない……)

 

 

社会貢献に関して、自分の中のルールとしては

 

まず、「金銭的な無理をしない」こと。

 

これは絶対守る。

 

(体力的・精神的な多少の無理はヨシ)

 

以前、「募金をするとお金の流れが良くなる」と聞き、調子にのって思い切って募金をしたことがありますが、逆にお金の流れが悪くなりました……

 

無理すると気分悪いから、悪い流れを引き寄せたんでしょうね……

 

「気分良くいること」が引き寄せでは大事ですもんね。

 

以来、募金する時は、無理しない金額にしてます。

 

 

今の私ができる社会貢献はなにか?

 

「社会貢献」と聞いてパッと思いつく行動は

 

  • 募金&寄付
  • ボランティア

 

ですかね。

 

これを今の私ができる範囲の行動におとしこむと……

 

 

私なりの募金&寄付とは?

 

今の私ができる、私なりの募金&寄付は

 

  1. 神社でのお賽銭
  2. ふるさと納税の自己負担分である2,000円
  3. ゆうちょボランティア貯金(夫婦で利用中):通常貯金&通常貯蓄貯金の利子のうち、税引後20%相当額が自動的に寄付される。寄付金の使途を「国際協力(全般)」か「国際協力(環境)」か選べる。
  4. BOOKS FOR JAPANへの寄付:古本買取金額分を寄付できる活動。寄付先はいくつかある中から選べる。
  5. 子供会で募金を半強制的に徴収される分(年に1~2回)

 

こんなかんじ。

 

これらはすでにやってるので、継続してこう。

 

以前は、コンビニやファストフード店のレジ横の募金箱に小銭をマメに募金してたんですが、ふと、大切なお金がどういう使われ方をするか全く不透明なことに気づきました。

 

以来、むやみに募金する行為をやめました。

 

募金するなら、できるだけ寄付先が自分で選べるタイプの募金をしてます。

 

ゆうちょボランティア貯金』は夫婦で利用してますが、常に少額しか口座に入っておらず、かつ低金利の今、その利子の20%が気づかないうちに寄付されることに抵抗はないです。

 

むしろ、続けやすい社会貢献の一つです。

 

 

BOOKS FOR JAPAN』ではお金をかけず、不要な古本で募金&寄付ができます。

 

(しかも、家の中も片付くしね)

 

これこそ、気軽にできる社会貢献。

 

 

 

私なりのボランティアとは?

 

今の私ができる、私なりのボランティアは

 

  1. ゴミ拾い:神社参拝時と山登りの最中に落ちてるゴミを拾う。たま~に、パーキングや飲食店でも、自分が入ったトイレに落ちてるゴミを拾ってきれいにする。「入った時より美しく」精神で。
  2. 子供関係のリサイクル活動や美化活動:学校の掃除や草刈りなどの美化活動、古紙やアルミ缶集めなどのリサイクル活動は半強制なので、どうせやるなら手を抜かず協力する。
  3. PTA役員:やりたくなくても、人数の関係上やる必要が出るてくる。どうせやるなら「社会貢献の一環としてやる」という意識の方が、気持ちよくできそうだ。必要がないかぎり、自らはやらないけど。
  4. 地域の活動に参加する:人見知りなのでできるだけ参加したくないんですが、「近所付き合いもボランティアのうち」と考え、参加できそうなものは多少精神的に無理してでも参加してます。これはもう少し参加した方がいいかな…

 

こんなかんじ。

 

山登りや神社参拝時には、ゴミ拾いするためにビニール袋を持参してます。

 

持ちながら歩くので、せいぜいビニール袋1個分しか回収できませんが

「私がここを歩くことで、1個でもいいからゴミをきれいに」精神でやってます。

 

一度ね、う〇こも拾いましたよ。

手入れされているはずの神社の境内に、う〇こが落ちてたんですよ。

けっこう大きいやつ。

 

そりゃ1回はスルーしましたよ、そこは。

う〇こですもの。

 

でも、「これは絶対試されている」と思って、

ビニール袋2枚と(1枚は手袋替わりにして)大量のティッシュを使い、拾いました。

で、きちんと家に持って帰って処分しました。

 

もちろん夫も見てました。

止めはしなかったです。

 

こういったゴミ拾いは普段からわりとしてます。

で、必ず家に持って帰って処分してます。

 

最近は、車の窓から髪の毛1本捨てるのも躊躇するようになりました。

 

地球に捨ててるような気分になってしまって……

 

まあ生きてるだけで、地球を汚しているわけですけど。

 

 

まとめ

 

「今の私にできる社会貢献」を改めて考えてみましたが、

「PTA役員をやる」以外は、すでにやっていることの継続で十分かな……

でも、地域の活動にはもう少し参加しようかな……

 

あと、「子育ても社会貢献の一環である」という意識でいます。

 

(「子孫を残すことが生物学的な生きる目的である」と、聞いたことがあります。この役目は一応果たせてるな……ってことで。

だから、「子供は自分の宝ではなく社会の宝である」という意識でいます。だからこそ、「子育てには相応の責任が伴う」んだと……そう思ってます)

 

また

 

「どんなことをやるか」っていう内容にこだわるより、

ブレずに続けること」が大事だと思ってます。

 

気まぐれにやっていては自己鍛錬にならない……)

 

偽善者と言われればそうかもしれませんし、たいそうなことはできませんが、「やらないよりやった方がマシ」だと思ってます。