まーまとれーど

夫は個人事業主(兼業)、妻は個人投資家(専業)のでこぼこ夫婦。

源泉徴収ありの特定口座内での貸株金利の申告について

f:id:trader-life:20180624203929j:plain

 特定口座【源泉徴収あり】の口座であっても、貸株金利の申告は別に必要です。

 

特定口座内の株の利益に関しては確定申告不要制度を選択しても

貸株金利は雑所得として別に申告が必要です

 

貸株中にもらえる配当金相当額雑所得として申告します

 

【関連記事】

貸株中の株で配当が出るなら貸株解除しとかないと  /**記事準備中**/

 

 

雑所得は会社員(他に収入がない場合)なら年20万円以内、専業主婦なら年38万円以内であれば所得税非課税のため確定申告は不要ですが、住民税の申告は必要です(←ここ間違えやすいんで注意)。

 

(*確定申告する人は、住民税の申告は不要です)

 

また

 

雑所得が非課税枠内であっても、

以下の場合は全ての雑所得を申告する必要があります

 

  • 医療費控除など別件で確定申告する必要がある場合
  • 2カ所以上から給与をもらってる場合
  • 給与が2,000万円以上の場合

 

上記のとおり。

 

ですので

 

確定申告する必要がある会社員は、1円でも貸株金利などの雑所得があれば申告する必要があります。

 

 

夫は会社員ですが、会社以外の収入もあることから確定申告してます。

 

ですので

 

夫の口座で貸株金利3円あった時も、ちゃんと申告しました。

 

(夫は「そんなもん、いちいちちゃんと申告する人なんていんの?!」と、ツッコんでくるけど、申告しとけば間違いない!)