まーまとれーど

夫は個人事業主(兼業)、妻は個人投資家(専業)のでこぼこ夫婦。

貸株金利とか雑所得の損益通算について

f:id:trader-life:20180427105110j:plain

貸株金利は雑所得

 

源泉徴収ありの特定口座内での貸株金利の申告について」で書いてるように、特定口座【源泉徴収あり】の口座であっても、貸株金利の申告は別に必要です。

 

その不労所得は何所得?雑所得?一時所得?」で書いてるように、貸株金利は雑所得です。

 

貸株中にもらえる「配当金相当額」も、雑所得として申告します。

 

 

雑所得の申告の対象となる人

 

雑所得は会社員(他に収入がない場合)なら年20万円、専業主婦なら年38万円を1円でも超えると確定申告が必要です。

 

雑所得は会社員(他に収入がない場合)なら年20万円以内、専業主婦なら年38万円以内であれば、所得税非課税のため確定申告は不要ですが、住民税の申告は必要です(←ここ間違えやすいんで注意)。

 

(*確定申告する人は住民税の申告は不要です)

 

また

 

雑所得が非課税枠内であっても、医療費控除など別件で確定申告する必要がある場合、2カ所以上から給与をもらってる場合、給与が2,000万円以上の場合は、全ての雑所得を申告する必要があります。

 

ですので

 

確定申告する必要がある会社員は、1円でも貸株金利などの雑所得があれば申告する必要があります。

 

 

ウチの場合は……

 

夫は会社員&個人事業主です。

 

ここ数年、会社以外からの収入があり確定申告する必要があるので、たとえ2、3円の雑所得であってもきっちり申告してます。

 

 

 

私は専業主婦です。

 

投資の利益は特定口座【源泉徴収あり】の口座を使い確定申告不要制度を選択することで、確定申告は不要です。

 

ただ

 

主婦であるわたしも年に数万円ほどのブログ収入や貸株金利などの雑所得があった場合、確定申告は不要でも住民税の申告は必要です。

 

わたしは確定申告するほどの収入がない年でも、住民税の申告はしてます。

 

(私の住んでる地域では、収入がゼロであっても住民税の申告をするよう推奨してますので、一応してます)

 

また

 

夫の扶養でいるために、夫の会社に所得証明を提出する必要があることも。

所得証明をもらう際、住民税の申告が必要になるんで、無収入の年でもしてます。

 

(ここ数年は、無収入の年はないですけど……)

 

住民税の申告のみなら簡単ですので、苦になりません。

 

専業主婦で数千円稼いだくらいなら無申告の方も多いかもしれませんが、私はきちんと申告してます。

 

どの道、その収入なら税金を払う必要はないのだから。

 

(住民税の申告は「住民税の非課税枠内の収入ならば申告不要」とする自治体もあれば、「収入ゼロであっても住民税の申告をしましょう」とする自治体もあるので、住んでる地域のホームページなどでご確認を)

 

 

 

 実際に税金がかかってくる主婦の収入ラインについて知りたい方は、「もし、ブログで稼いで扶養はずれたらどうする?って皮算用【自分のための覚書用】」の記事をどうぞ。

 

 

雑所得の種類いろいろ

 

雑所得の種類ですが、

たとえば……

 

  • FX
  • 先物
  • 仮想通貨
  • 貸株金利
  • 貸株中にもらう配当金相当額
  • 外貨預金や外貨振替などで生じる為替差益
  • 副業としてのブログ・アフィリエイト収入

 

などがあります。

 

くわしくは「その不労所得は何所得?雑所得?一時所得?」の記事をどうぞ。

 

 

雑所得の損益通算=内部通算について

 

雑所得は給与所得や他の種類の所得との損益通算はできません

雑所得内だけでの内部通算ができます

 

(「源泉徴収ありの特定口座」内で受け取る貸株金利であっても、株の売却損との損益通算はできませんので、確定申告の必要がある場合もでてきます)

 

雑所得内だけでの内部通算ができますが……

 

総合課税の雑所得」は、「申告分離課税の雑所得」との損益通算(内部通算)はできません。

 

申告分離課税の雑所得」は、「総合課税の雑所得」との損益通算(内部通算)はできません。

 

たとえば……

 

仮想通貨は「総合課税の雑所得」、

FX(為替差益損・スワップ金利)は「申告分離課税の雑所得」なので

 

FXで100万円稼いで仮想通貨で110万円損しても、雑所得の内部通算ができないため、FXの100万円に対してきっちり税金がかかります。

 

仮想通貨の110万円の損失は、給与所得との損益通算もできません。

 

(*他に「総合課税の雑所得」があったら、その分との内部通算はできる)

 

この辺の損益通算の兼ね合いを考えて、投資先を選ぶことも節税においては大事になってきますね。

 

あくまで「節税」という視点から大事であって、稼げるなら雑所得でもなんでもいいと思いますけどね、稼げるなら……

 

(損失になった時、節税できなくなるだけなんで……)

 

あと、「総合課税の雑所得」で稼ぎ過ぎた場合、給与所得と合算して総合課税となる(すなわち累進課税:所得が多いほど税率が高くなる)ので、どんなに稼いでも税金が一律の分離課税より税金的に不利になりますが、まあ、稼ぎ過ぎた場合の話なんで……そこまで気にする必要もないかと。

 

大金を稼ぐ前提ならば、仮想通貨より分離課税のFXや株の方が節税できますけど、稼げるならなんでもいいと思いますけどね、稼げるなら……

 

逆に他に収入のない会社員や専業主婦が、「総合課税の雑所得」である仮想通貨・アフィリエイト・ブログなんかで非課税枠内で稼ぐ分には節税できますね。

 

(どうせチャレンジするなら、上を狙っていきたいものですが……一生懸命頑張った結果、非課税枠内ほどしか稼げなくても「それはそれで節税できるからヨシ」と思えるね、って話)

 

くわしくは「その不労所得は何所得?雑所得?一時所得?」の記事をどうぞ。