まーまとれーど

夫は個人事業主(兼業)、妻は個人投資家(専業)のでこぼこ夫婦。

主婦が節税のことを考えまくって出た1つの結論

 

 

f:id:trader-life:20180622102652j:plain

「主婦が節税のことを考えまくって出た1つの結論」を先に言いますと……

 

「夫の扶養に入って健康保険料も年金保険料も払わずに済む専業主婦が、源泉徴収ありの特定口座(株や投信など)を使って稼ぐことは、税制的にものすごいメリットだ!!」

 

と、強く感じてます。

 

 

専業主婦が株以外で稼げば夫の扶養から外れたりするところを、

源泉徴収ありの特定口座(株や投信など)なら、稼げば稼ぐほどお得度が増す……

 

主婦のままで株で稼ぐことの有利さを再確認しました。

 

 

まず

 

専業主婦は年38万円を超える収入があったら確定申告が必要になり、所得税を納めなければなりません。

 

また

 

主婦の年収が38万円以下で確定申告と所得税の納税が不要であっても、住民税については年収33万円とか35万円とかを超えると(住んでる地域によって違う)、住民税の申告が必要になり住民税を納めなければなりません。

 

(くわしくは「もし、ブログで稼いで扶養はずれたらどうする?って皮算用【自分のための覚書用】」を見てね)

 

住民税の申告に関しては住んでる地域によって違い、住民税がかからない程度の収入や無収入であっても、住民税の申告が必要な地域もあるのでご確認を

 

でですね

 

源泉徴収ありの特定口座を使って稼ぐなら、もちろん税金は自動徴収されますが申告の必要がないので楽です。

 

さらに

 

多くの収入があれば夫の扶養から外れることになり、健康保険料も年金保険料も自分で払わなくてはならないところを、

 

源泉徴収ありの特定口座を使って稼ぐなら、税金は自動徴収されて申告の必要がないので、会社員の夫の扶養に入りながらいくらでも稼ぐことができます。

 

会社員の夫の健康保険に加入できる制度が扶養であり、自営業の夫の場合、妻は扶養に入ることができません

 

ただし

 

源泉徴収ありの特定口座を使っても、貸株金利などの雑所得になる部分は税金が自動徴収されないので、金額によっては申告が必要になりますし(別件で確定申告する場合は、雑所得の金額にかかわらず申告が必要になる)、

雑所得の金額によっては納税も必要になり、夫の扶養から外れることになるので注意ですね。

 

 

 

たくさんの節税本を読んで思ったのは、

 

「夫の扶養に入って健康保険料も年金保険料も払わずに済む専業主婦が、源泉徴収ありの特定口座を使って稼ぐことは、税制的にものすごいメリットだ!!」

 

と、強く感じてます。

 

(これが、「主婦が節税のことを考えまくって出た1つの結論」です)

 

「主婦のままで=夫の扶養に入ったままで株で稼ぐ」ことの有利さを再確認しました。

 

 

***まとめ***

 

専業主婦で夫の扶養に入っていれば

 

  • 健康保険料の支払いをせずに済む
  • 年金保険料の支払いをせずに済む
  • 夫は配偶者控除が使えるので夫の税金(所得税・住民税)が安くなる

 

というメリットがあります。

 

 

 

源泉徴収ありの特定口座(株や投信など)を使って稼ぐことは、これらのメリットを享受しつついくらでもお金を稼ぐことができるので税制的にものすごい有利!!

 

さらに

 

株の譲渡益税はどんなに稼いでも一律20.315%の税率ですが、所得税は所得が多いほど税率が上がる累進課税なので、源泉徴収ありの特定口座で稼げば稼ぐほどお得度が増す……

 

(逆に少額しか稼げなくても、一律20.315%の税金が問答無用で引かれますけどね。← 年間利益が主婦の非課税枠内の場合、確定申告すればちゃんと引かれた税金が戻ってきます) 

 

こう気づいたので、FXや仮想通貨ではなく、株や投信をメインの投資対象としてます。

 

(節税うんぬんの前に興味をもったのも株であるので、ちょうどよかった……)

 

ただですね

 

「そう簡単には稼げない」という大きな問題はありますけどね

 

【関連記事】