まーまとれーど

夫は個人事業主(兼業)、妻は個人投資家(専業)のでこぼこ夫婦。

節税は不労所得のようなもんだ

f:id:trader-life:20180901130050j:plain

不労所得のさらなる上積みを考えた」わけですが、

 

ふと

 

節税した分って不労所得をもらってるようなもんだよね

 

と、思いました。

 

ですので

 

不労所得の上積みのため、今後やること

として

 

  • 節税の見落としがないか確認すること

 

を、つけ加えます。

 

 

節税対策することで数万、数十万単位で払う税金が減ります。

 

(もちろん、合法的で真っ当な節税方法で)

 

 

 

会社員であっても個人事業主であっても、できる節税をつみ重ねていけば、けっこう大きな金額になります。

 

税金を払わずに済んだ分は、そのまま頂いたお金として見なしてもいいんではないでしょうか……

 

ですが

 

税金を払わずに済んだ分は、そのまま貯金できるとはかぎりません……

 

いくら節税しても、いくら不労所得を得ても、それでただ贅沢して終わりじゃあ、お金が循環していきませんね。

 

「贅沢するために、節税したり不労所得を得たい」という目的であれば、それでOKですけど。

 

節税したりして浮いたお金やコツコツもらった不労所得を、きっちり投資して循環させていく」 のが目的なので、 

 

「節税できたらそれで満足して終わり」ではなく、

 

「節税できた分をきっちり貯金して投資する」ところまで責任もってやっていかねば……

 

(で、一応やってるつもりです)

 

 

「節税した分は不労所得をもらってるようなもん」

 

なので、

 

「節税の見落としがないか確認すること」

 

を不労所得の上積みのため、定期的にチェックしていこうっと。

 

(確定申告が近づく年末年始に嫌でもやることになるでしょう……)

 

そう考えると……

 

確定申告の申告義務がある状況ってのは面倒なんだけど、

節税について考えるきっかけがある実際節税対策することになる)んで、自分たちにとってプラスになることなんだな……

 

(面倒なんだけどね)

 

たしかに、会社で全てやってくれて確定申告の必要がない時は、「節税」について真剣に考えなかったもんな……

 

やっぱり

 

面倒なことをやった人が得になる世の中なんだな……