まーまとれーど

夫は個人事業主(兼業)、妻は個人投資家(専業)のでこぼこ夫婦。

財布について考察

f:id:trader-life:20180910160503j:plain

巷にあふれてる「財布風水」やら「長財布神話」やら。

 

  • 黄色い長財布で金運アップ!!
  • お金持ちは長財布を使っている
  • 財布は3年に1度買いかえるべし
  • 財布を買いかえたら、大金をいれておくべし

 

とか。

 

一時期風水に凝ってた時期もあり、その辺けっこう知ってたりします。

 

素直に3年に1度、新品の財布を買ってました。

風水的によさそうな感じのを……

 

ある時、

 

「そろそろ財布買おうかな……」

と、ネットで財布を探してたんですが……

素敵な財布ってめちゃ高いんですよね……

 

その時、

 

「金運アップする財布買うより、その分貯金した方がよっぽどお金貯まるんじゃね?!」

  

という、真っ当な考えに至りました。

 

その時、

 

「風水というビジネスに踊らされてた?!」

 

と、悟りました。

 

 

3年に1度財布を買いかえるのは、「経済を回す」という意味では役立ちますが、「お金を貯める」という意味では全く役立ちません。

 

私の目的は「経済を回す」ことでなく、「お金を貯める」ことなんでね。

 

その時、

 

「もう一生財布買うのをやめる!!」

 

と、誓いました。

 

 

そして、財布を断捨離しました。

今、財布を使ってません。

 

なきゃないでなんとかなってるし。

 

たとえば…

 

病院や銀行へ行く時なんかは、100円のポーチ(入れるところが2ケ所に仕切られてるもの)に、診察券や通帳や振込用紙なんかと一緒にお金を入れていきます。

 

近所のスーパーへ行く時は、免許証&ポイントカード入れとして使ってる100円のミニポーチに、お金を入れていきます。

 

両方とも、財布の断捨離以前から使ってるもの。

 

これで事足ります。

お財布なんて、全く必要ありませんでした。

 

金運財布を使ってた頃より、今の方がお金が貯まってるのは、事実です。

 

(少なくとも、「今から一生分の財布を買いかえる金額分」は)

  

そんな妻をよそに、夫は財布にこだわっていて長財布を使ってたりします……

 

(まあ、自分のお小遣いで買ってるんで、全然いいんですけど)

 

で、夫がせっかく立派な財布を使ってるんで、夫と一緒に出掛ける時は夫にお金を預けてしまい、そこから払ってもらいます。

 

これで私は楽できるし、「夫を立てる」こともできるってわけです。

 

夫婦で一緒にいて、妻が妻の財布で払ってるのを見ると、なんか「尻に敷かれてる夫」という感じがするんで……

 

(そんな夫婦を見ると「妻に主導権がある夫婦かな…」と、勝手に妄想してしまう)

 

なので

 

夫婦でいるときは、夫が払う形になるように仕向けてます。

で、夫に「ありがとう」「ごちそうさま」を言うって流れを作る。

 

これは「夫を立てる」という意味もありますが、

 

「ママがパパを立ててる」様子を子どもに見せることで、「パパへの尊厳を守る」という意味もあります。

 

(「めんどうだから払っといて」と、夫から財布を渡された時だけは、私が払いますけどね)

 

 

以上、私の個人的なこだわりの話でした。