まーまとれーど

夫は個人事業主(兼業)、妻は個人投資家(専業)のでこぼこ夫婦。

【お得生活】会社の福利厚生制度を使いたおす!

 

 

f:id:trader-life:20180914073250j:plain

会社から受け取れるものは、給料以外にもあります。

 

会社の「福利厚生制度」を活用することで

お金を節約でき、イコールお金を受け取るのと同じ効果が得られます

 

医療費の公的保障の上乗せ、

健康診断やランチの補助、

保養所の利用などがあり、

かなーーりお得な制度です。

 

ぜひ、勤務先の福利厚生を確認してみてください。

 

福利厚生制度を使いたおすことで、かなりの節約になり貯金が上乗せできるでしょう。

 

わが家も福利厚生制度をできるかぎり活用してます。

 

結婚したばかりの頃はまだ給料は少なめでしたが、福利厚生制度を使いたおすことで給料=貯金の上乗せができたようなもんです。

 

 

どんな福利厚生制度がある?

 

会社によって内容はさまざまですが、

福利厚生制度には以下のようなものがあります。

 

**例**

医療・健康

健康診断、人間ドック補助、差額ベッド代補助、メンタルケア、医療・保健施設運営 など

 

 

住宅

社宅・独身寮、住宅手当、家賃補助、持ち家補助 など

 

 

ライフサポート 

グループ保険・共済、財産形成関係の補助、育児関係の補助、介護関係の補助、食事補助 など

 

 

慶弔

結婚祝金、出産祝金、慶弔金、遺児育英金 など

 

 

レクリエーション・レジャー

サークル活動への補助、自己啓発・資格取得関係の補助、レクリエーション・レジャーへの補助、保養所利用、保養施設運営 など

 

 

ぜひ、勤務先の福利厚生を確認してみてください。

 

 

わが家がどんな感じで福利厚生制度を活用してるか

 

@人間ドック

 

わたしは子宮筋腫の子宮全摘手術をしました。

 

それは、夫の会社の福利厚生で費用を補助してくれる人間ドックで、大きな子宮筋腫があり貧血がひどくなってることがわかったからです。

 

人間ドックの補助金があるおかげで通常2万~3万円ほどかかるところを

5,000~6,000円ほどの人間ドック費用で済んでます。

 

オプション検査は別料金かかりますが、それも割引価格で受けられました。

 

人間ドックをまともに受けるとお値段が張るので、どうしても躊躇してしまうところ……

 

会社からの補助がなかったら、受けてなかったかもしれません……

 

(もし人間ドックを受けてなかったら、突然どこかで倒れていたかも……)

 

福利厚生を利用して、これからも定期的に人間ドックを受けていくつもりです。

 

 

@手術

 

ってなわけで、子宮摘出手術をすることになったわけですが。

 

会社の「付加給付」があると知っていたおかげで、手術費用の工面でストレスを感じることなく過ごせました。

 

 

 

国の「 高額療養費制度」に加えて会社の「付加給付」があるので、

医療費について過剰な心配はせずに済みます。

 

 

@団体保険(グループ保険)

 

わが家では可能なかぎり、

保険は団体保険を利用する」スタンスでいます。

 

現在は

 

  • 生命保険
  • 医療保険(がん保険含む)
  • 個人賠償責任保険
  • 自動車保険

 

これらで団体保険を利用してます。

 

なぜなら

 

安いから

 

同じ保障の保険と比べて、保険料が圧倒的に安いです。

 

もし、今後「火災保険・地震保険」の保険料を払う必要が出てきたら、

会社の団体保険を利用するでしょうね。

 

「団体保険を引き受ける保険会社の方も、相手が個人でなくお得意様の企業だから、対応も迅速丁寧に扱ってくれるのでないか……?」

 

と思って、なんとなく安心できるのもある。

 

(これは、ただのわたしの妄想ですけどね)

 

 

@レジャー

 

会社が提携してる高級リゾートホテルにお得な価格で泊まれるので、何回か利用してます。

 

あと

 

楽しくてお得なイベント&レジャーの企画がちょいちょいあったりするので、ちょくちょく参加してます。

 

福利厚生を利用して、「お得に楽しい」思いができてます。

 

 

まとめ

 

福利厚生は報酬の一部」だと考えて、使いたおしてます。

 

(だから「活用しないともったいない」と思う……)

 

結婚したばかりの頃、給料が少なめでも福利厚生が充実しているおかげで、なんだかんだ貯金ができました。

 

わたしたち夫婦が実際利用して

すっげーお得!」に感じてるのは、

 

なんといっても

 

  • 団体保険割引
  • 医療費の付加給付

 

です。

 

これらは大きい節約効果になります。

 

あと

 

会社が法人契約してる高級リゾートホテルは会員でないと泊まれないんで、

会社員であるメリットを活用できることの1つになってます。

 

また

 

福利厚生制度とあわせて「企業型確定拠出年金制度」も利用してます。

 

 

 

お得な福利厚生制度や会社の制度を活用することで浮いたお金は、給料をもらってるようなもん」です。

 

なので「活用しないともったいない」ですよ!