まーまとれーど

夫は個人事業主(兼業)、妻は個人投資家(専業)のでこぼこ夫婦。

時間とお金

f:id:trader-life:20181004161405j:plain

時間とお金は「トレードオフ」 の関係にあると考えてます。

 

  • 時間をかけたくなければお金をかける 
  • お金をかけたくなければ時間をかける

 

基本、こういう考えで生活してます。

 

 

たとえば

 

高速使うか、下道使うか。

鈍行使うか、新幹線使うか。

プレゼントを手作りするか、ネットで買うか。

ごはんを作るか、買ってくるか。

 

とか……

 

 

最近、トレードの時間軸をデイトレから長期に変えたことで時間ができたわけです。

 

そこで、新たにブログを書きはじめました。

 

 

 

で、さらに「不労所得の上積みを考えた」ことで

アンケートサイト&ポイントサイトへ再登録しました。

 

ポイントサイトの『ハピタス』は、ネットで買い物するついでに使うだけなんでいいとして、

アンケートサイトの『マクロミル』のアンケートに答える時間がね、なかなかないんですよね……

 

もともとアンケートサイトの優先順位が低いんで後回しにしてると、1ヶ月間1回もアンケートに答えなかったり…とかなってしまう。

 

(そういう時にかぎってポイント高いアンケートが届いてて、すでに締め切られてたりするんだよね……)

 

アンケートサイトで稼ぐには、「定期的にきちんとアンケートに答えて信頼関係を築いてこそ」なんだろうけど……

 

できてない。

 

そもそも

 

自由な時間がほしくて「トレードで稼ぐ」と決めて、そのトレードで自由な時間を得ながら稼げるようになったらブログ書きはじめて……

 

それでも「ちょっと時間に余裕あるから」と言って、アンケートサイトへ登録して……

 

デイトレやってた頃に比べりゃ、そこまで時間かけてないにしろ、どんどん時間の余裕がなくなってきた……

 

まるで、トレードの時間軸を変えたことでできた自由な時間を、別のことで忙しくして穴埋めするかのように。

 

 

私は自由な時間がほしいのだ

 

でも

 

そうさせない自分がいる。

 

そんな状態。

 

 

たぶん、自分の中で「自由な時間に対する罪悪感」のようなものを感じてるのだろう。

 

潜在意識(無意識)がブレーキをかけてるようだ。

 

この潜在意識のブレーキを外すには、どうすればいいだろうか…?

 

 

私は以前、お金に対するブレーキを外した。

 

「何千万もの資産を持つなんてできっこない」というブレーキを外し、お金に対するプログラミングを上書きした。

 

(結果、何千万もの夫婦の資産を持つことができている)

 

その時のようにやればいいんだな。

 

「自由に生活しちゃいけない」というブレーキ(罪悪感)を外し、時間(自由)に対するプログラミングを上書きする。

 

そのためには…

 

まず、「それが当たり前」の状態に慣れる。

 

  • お金なら「大金あって当たり前」の状態に慣れる
  • 時間なら「自由で当たり前」の状態に慣れる

 

「慣れる」というか、「許す」という感じ。

 

慣れってのは日常の繰り返しによって慣れてくるものなので、

 

自由な時間に慣れるには日々、自由な時間を楽しめばいい」わけだ。

 

(それを続けていれば、「それが当たり前の日常」になってくる)

 

だから

 

1日中何かすべきことに追われるんでなく、余裕をもって過ごす

 

1日の中で自由な時間をもつ

 

 

今はトレードに時間をかけてないんで、ブログとアンケートに時間を割いている状態。

 

余裕をもつために、時間の使い方を整理しておこう。

 

 

平日

  • 基本午前中しか作業しない
  • 午前中、ブログ&アンケートの作業する
  • 週2日は午前中自由に過ごす時間とする(ブログ&アンケート以外のことで)
  • 午後は家事と子どもに関わる時間とする
  • 午後のすきま時間に一服する
  • 早寝早起きする

 

 

自由な時間にやることは…

見たい映画を見るか、読みたい本を読む。

 

午前中に、【作業:ブログ&アンケート】か【自由:映画&読書】の時間をとるわけですが

 

そこで、「何曜日が作業の日」とは決めず自分の気分で決めることで、心に余裕をもちたいです。

 

「この日はブログ書いて、この日は読書の日」なんてキチキチ決めておくと、心の余裕がなくなりそうだからね……

 

あと

 

「作業は午前中!」と、尻を決めることで「作業の時間に追われて1日が終わる」ということはなくなりますね。

 

午前中と決めたら、午前中でバシッと作業を終える必要があります。

 

これは、どのみち午前中で終わらないと子どもの習い事に間に合わなくなるので、イヤでも終われるでしょう。

 

午後は洗濯物の片づけや夕飯作ったりの家事、子どもの習い事の送り迎えや勉強を見たり遊んだりといった子どもと関わる時間。

 

その合間合間で、一服する。

 

一服の時は、だいたいスマホいじってるか、ボーッとしてるか…かな。

 

こんな感じでいこう……

 

これが平日の過ごし方。

 

で、週末は「ノー作業デー」とし、山歩きしたり、家族と過ごす時間とします。

 

 

まとめると…

 

時間(自由)に対するプログラミングを上書き修正するために、

自由な時間を日常にちゃんと取り入れてくことで自由に慣れていく

 

ということを、意識してこうってことです。

 

(「意識してる時点で、もう自由じゃないんじゃないか…?」とも思うが……)

 

  • お金は時間(自由)があってこそ活きるし、
  • 時間(自由)はお金があってこそ活きるのだ

 

と、思う。

 

時間とお金。

 

両方とも、とっても貴重なものであるし、人生における選択肢を広げてくれるものですね!!

 

▼この記事の続きです

時間とお金(part2)

 

▼お金のプログラミング(お金に対する考え方や受け取る器の設定とか)を上書き修正する時には、この2冊がめちゃ役立ちました。

 

 

今まで数々のお金に関する本を読んできましたが、この2冊が全てのはじまりだったので、思い入れの強い本です。