まーまとれーど

夫は個人事業主(兼業)、妻は個人投資家(専業)のでこぼこ夫婦。

化粧することの損得 ~アラフォーのわたしの考察~

f:id:trader-life:20180622102652j:plain

すっぴんでも大丈夫なピチピチの20代の頃は、おしゃれとメイクの研究に没頭し「化粧しないと外出れない!」って状態だったのにさ、

 

40代近くなってきてマナーとして化粧が必要なお年頃になってきたら、化粧するのがめんどうになったし「化粧品代がもったいない!」って思うようになってきたんですよ。

 

人間というのは、つくづく矛盾した生き物ですね。

 

最近ほんとそうで。全然化粧しなくなってきた……

 

 

ちょっと考えてみよう。

 

まず、化粧したりおしゃれして

 

「きれいですね~!」

「おしゃれですね~!」

 

と、ホメられたとする。

モテたとする。

 

10代20代の結婚前は、それで満足するでしょう。

化粧品や洋服に投資して、モテるようになったら素直にうれしいでしょう。

そのために投資したようなもんだから。それでよかった。

 

で、結婚して40代近くになった今、

モテないのは重々承知の上で、仮にだよ、仮にモテたと仮定して……

 

「うれしいか……?」って話ですよ。

 

どんなに

 

「きれいですね~!」

「おしゃれですね~!」

 

って言われても、1円も利益にならないわけです。

 

仮に

 

「不細工ですね~」

「ダサいですね~」

 

って言われても、トレードで爆益になるならむしろそれで満足です。

 

今の自分にとっては。

 

 

ただ、30代の後半から人見知りが激しくなってきた原因として

「化粧してなくて髪ボサボサで部屋着のまんまだから人に会いたくない」って強く思うようになった 

っていうのは、自己分析でわかってるんですよ。

 

いつもそんな状態だから宅配便がきても「出たくない!」って強く思うし。(一応出るけど)

 

そんな状態だから「誰にも会いたくない、外出たくない」と強く思う ⇒ 仕方なく出るけど、「見ないでくれー」と思い無愛想な対応になってしまう……

 

だから

 

人見知りを少しでも緩和するために簡単にでも化粧をすることは、

人見知り改善策の1つであるとわかってるんです。

 

わかってるけど!

 

「化粧品代がもったいないじゃん……」

 

って思いが出てくる。

 

 

20代後半~30代前半の頃に集めたブランドものの化粧品は、もう一生買わないと思う。

 

ドッラグストアで買えるBBクリームとリップさえあれば今は十分だし。

1回買えば3年くらいもつし。

 

先日、30代前半に買ったブランドのアイブロウペンシルがとうとう底をつきそうになった……

 

アイブロウペンシルだけはこの一品がお気に入りで、他のは考えられないのです。

 

でも、買うと高いじゃん……

 

そこで

 

「買わずに済まそう」と考えた結果、

「自眉を伸ばそう」と決めた。

 

「眉を一切書かなくてもOK」なように自眉を伸ばした。

 

一旦しばらくボウボウに伸ばした後、きれいに形を整えた。

 

伸ばし中の間はみっともないですが、それを越えればもう眉を書くわずらわしさから解放され、アイブロウペンシルを買うお金も節約できる。

 

自眉を伸ばすことで、時短&節約が手に入りました。

 

世の中もナチュラル眉の流れになってるし丁度いい。

 

これで、化粧する作業のめんどくささが少し解消されました。

 

(あとは爪切りくらいの頻度で自眉を整えるだけ)

 

 

アラフォーの

わたしにとっての

 

化粧する「メリット&デメリット」はこれです。

 

**化粧するメリット**

  • 人と接するマナーとして必要だと思う(歯磨きと同じ感覚)
  • 人見知りが少し緩和される

 

**化粧するデメリット**

  • めんどう(たいしたことはないけど)
  • 化粧品代がかかる(たいしたことはないけど)
  • きれいになってもしょうがない ← ?

 

 

「メリット&デメリット」を天秤にかけると、

自眉を生やした今、たいして化粧する時間もかからずお金もかからないんだから

「BBクリーム&リップ」の簡単メイクくらいは、日々やっておきたいところだと思う。

 

思うけど…

 

やれてないんだよね。

自分の中の優先順位が低いから。

 

化粧するデメリットとして

 

「きれいになってもしょうがない」

「きれいになっても1円の利益にもならない」

 

と、思ってましたが

夫に向けてはプラスの効果になるかもしれない……

 

それなりにきれいな部屋とそれなりにきれいな妻の方が、

夫の仕事にもプラス効果があるだろうな…とは思う。

 

なので

 

きれいになる意味は少しはある。かな……

 

(美の追求が必須だったり、美しさがそのままお金になる職業もあるのはわかる)

 

美を追求するとお金がかかり過ぎるのはわかる。

 

外に出て人と接する仕事をしてるわけではないので、「それなりに」で十分だ。

 

それなりにきれいでいること(= 簡単なメイクをして普通の服を着ること)の頻度を、徐々にでもあげていきたいな…と、考えてます。

 

 

20代のころはスッピン&スウェットでも全然普通だったのに(むしろそれも愛嬌…って感じ?)、

40代でスッピン&スウェットでは普通を維持できなくなってくる……(みすぼらしさを感じさせてしまう…?)

もはや、スッピンでも普通だと思われるおばあちゃんに早くなりたいくらいです。

 

「美」を強く意識してない分、「美」という観点では年をとることに全く抵抗はないのが、こんなわたしのポジティブな点になりますかね。

 

どんなことにも良し悪しがあるもんなんだな」

 

と、この一言に収束しました。