まーまとれーど

夫は個人事業主(兼業)、妻は個人投資家(専業)のでこぼこ夫婦。

成功したければ成功者の真似をする

f:id:trader-life:20180624204422j:plain

米ドルを取得するのに米ドル建MMFを使うのっていいかも!」と気づいて活用してる米ドル建MMFなんですが、

 

もともと億投資家の方のブログ見て、真似したんですよね。

 

その方は今のところ単に外貨取得のために、米ドル建MMFを定期的に買い付けてるようでした。

 

で、私も為替差益損の計算が面倒だった経緯もあり、

積立FXじゃなく、米ドル建MMFを買ってこうと思ったんです。

 

 

とりあえず真似して買ってて、くわしく調べるうちに

「米ドル建MMFってけっこう使えるやつじゃん!」って、見直したわけです。

 

 

 

「成功者の方のブログってやっぱ学びがあるな~」って、つくづく思いました。

 

最近は資産が同じくらいの方のブログはほとんど読まず、目標としてる方のブログをメインに読んでます。

 

自分が知らない知識を得たいからです。

 

資産が同じくらいの方のブログは、だいたい自分もやってるようなことが書かれてるんで。

 

資産レベルが上がれば、やっぱちょっと違う考え方が書かれてたりするんで、勉強になるんですよね。

 

暇つぶしではなく、勉強のためにブログを読む

 

ってつもりで読んでます。

 

そうなると、成功者の方のブログを好んで読むようになるんで。

 

  • 成功したければ成功者の真似をする
  • お金持ちになりたければお金持ちの真似をするのが近道だ

 

と、よく聞きます。

 

 

バフェット流バリュー投資家として成功しているガイ・スピアの著書の中では、こう書かれてます。

 

これから書くことは、私が何十年もかけて学んだりつまずいたりしながら発見したことのなかで最も重要な秘密かもしれない。もしこの教えを本当に実行できれば、それ以外に書いたことをすべて無視したとしても、それまでよりもはるかに良い人生が送れると私は確信している。

 彼のような人生を送る方法を必死で探すうちに私がたどりついた結論は、いつもこう自問することだった。「この場合、ウォ―レン・バフェットならどうするだろうか」

 

(中略) 

 

模倣は人間の進化を促す最も強力な方法のひとつなのである。

 

 

(出典:ガイ・スピア(2015)『勘違いエリートが真のバリュー投資家になるまでの物語』長尾慎太郎監修,井田京子訳,p.59,パンローリング.)

 

また、メンタリストとして活躍されているDaiGoさんの著書の中では、こう書かれてます。

 

ワイズマン博士は、心理学の世界では古くから知られていた「行動が感情をつくる」という理論に着目しました。

 そして、笑うからよりおかしく感じる、泣くからより悲しくなる、という考えを発展させ、「アズイフの法則」にまとめています。

 アズイフの法則とは、英語の as if ~ (まるで~であるかのように)のとおり、「〇〇になるには、〇〇であるかのように行動すればいい」というもの。

 つまり、「幸運になりたければ、まるで幸運な人であるかのように行動すればいい」「運のいい人になりきって行動することで、幸運な状態に近づける」ということになります。

 

 

(出典:メンタリストDaiGo(2018)『運は操れる (望みどおりの人生を実現する最強の法則)』p.128,マキノ出版.)

 

さらに、『レバレッジ・シンキング 』の中ではこう書かれてます。

 

 前例を参考にしていたのは、発明家だけではありません。経営者やスポーツ選手、その他にも多くの成功者がこのやり方をしています。

(中略)

こうした考えを持つ経営者は実に多く、世界最大の小売業であるウォルマートの創業者サム・ウォルトンも

「私がこれまでやってきたことはほとんど誰かのまねだ」と語っています。

 さらに、シアトル・マリナーズのイチロー選手もこんなことを言っています。学ぶことは決して恥ずかしいことではないのです。

 

 「最初はまねごとみたいなところから始まりますよね。いろいろな人のフォームをまねてなんとなく今の自分がいるという感じがあります」(『夢をつかむーーイチロー262のメッセージ』ぴあ)

 

(中略)

 

 なぜ多くの成功者が前例に学ぶのでしょうか。実は、現状からゴールまでを俯瞰し、逆算すると、多くのやるべきことが見えてきます。その瞬間、限られた時間の中で成果を上げるには、他者から学ぶのが一番良いとわかるからです

 

 

(出典:本田直之(2007)『レバレッジ・シンキング 』pp.121-122,東洋経済新報社.)

 

 

どうせ読むなら自分より上のレベルの方のブログがいいかも、ですね。

 

(自分が「こうなりたい!」「こうなる!」って方のブログ)

 

だから

 

このブログが多くの方に読まれるには、自分のレベルを一段上にせねば

 

ってことですね。がんばろうおおおっ!っと。

 

 

というわけで…

 

「お金持ちの考え方を知ろう」

「お金持ちの真似をしよう」

 

と思い、最近こちらの本を読みました。

 

 

この本を読んでみての感想はね……

 

「ここまでやるからお金持ちなんだね!」

 

「ここまでやるならそりゃお金持ちで当然だろうから、うらやましさすらない……」

 

ってくらい、徹底的にすべての行動を収益化してるんで

しかも、一つのアクションで一石四鳥くらいになることを考えてるんで

 

「いや…ここまでは真似できないわ……」

 

と、あきらめも入りました。

 

旅行すら4段階攻めで収益化も兼ねてするなんて……

 

「旅行は楽しめりゃそれで満足」だと思う自分との差は歴然なんで。

 

「ここまでやるならそりゃお金持ちで当然だろうから、うらやましさすらない……」わけです。

 

(くわしくはネタバレしちゃうんで書けないんですが)

 

 だからといって「自分にはムリ」ではなく、「ではどうすれば自分にもできるか」を考えることが重要です。

ただ遊びに行く」「ただ買い物するだけで終わり、ということを極力避け、自分のアクションに対して常に追加メリットが生まれるように取り組む。それが「すべての行動を収益化する」ことにつながる。

 これを追求する過程で、日常では考えつかないキーワードが浮かんでくることもある、と考えています。

 

 

(出典:午堂登紀雄(2018)『〝引きこもり主夫投資家〟が教える グーグル検索だけでお金持ちになる方法【アップデート版】』pp.76-77,光文社.)

 

ただ

 

この本を読んでから、「何でもかんでも欲望のままに一旦検索してみる」クセはつきました。

 

今まで「それはない、ない」って勝手に自分で検索にセーブかけてたし。

 

なんで遠慮してたんだろう。

 

検索するのはタダなんだし、遠慮せずに検索すりゃいいんだよね!

 

そこだけでも真似はできるんで、真似できるところは取り入れようかな……と。