まーまとれーど

夫は個人事業主(兼業)、妻は個人投資家(専業)のでこぼこ夫婦。

サイテロ系のブログ見ると「ウチは全然甘い。ぬるま湯だな…」と思う

f:id:trader-life:20190311102109j:plain

私が普段やってる節約習慣ですが……

 

 

テレビの主電源は必ず消し

 

抜いても設定上の支障がないコンセントは必ず抜き

 

設定できる家電は全て節電モードに設定し

 

よく使う部屋から徐々にLED電球に変えていき

 

水道の蛇口に節水コマ、お風呂に節水シャワーヘッドを取り付け

 

水栓を調整して水量を若干弱めたり、お風呂の水量を若干低めに設定したり(やりすぎると家族に怒られる)

 

お風呂は保温設定せず保温シートとフタでしのぎ(どのみち家族が追い炊きを使うんで)

 

トイレの保温設定はせず便座カバーでしのぎ(真冬でも冷たくないです)

 

戸締り点検しつつ水道の蛇口がしっかり閉まってるか&水漏れしてないかチェックし(ばーさんが水道出しっぱなしにしてることがあるし、古い家なんでたまに水漏れすることがあるんで)

 

学校のお便りの裏紙はメモ用紙として再利用する

 

 

以上、このくらいは普段生活の一部としてやってます。

 

 

プラス…

 

生活費をできるだけクレカ払いにしてポイント還元してもらったり

 

電気のアンペア下げたり、安いガス会社に変更したり

 

1円でも安くなるならと、割引のあるペーパーレスのネット明細にしたり

 

ネットや携帯はその辺くわしい夫に、かなり安い会社&プランに変えてもらったり

 

生活費の現金の引き出しは、ATMで入出金手数料がかからない(← 払い込み・振り込みは除く)ゆうちょ銀行を利用し(*提携金融機関でのATM利用時には手数料かかる場合あり)

 

振り込みは手数料がゼロになるネット銀行を利用し

 

お金の移動が手数料ゼロでできるネット証券の入出金をうまく利用したり(*カブコムは出金手数料(100円+税)かかる場合があるので注意)

 

ふるさと納税はできるだけ上限額めいいっぱい利用したり(さらにJACCSモールでのクレカ払いでクレカの追加ポイントをもらったり、ふるさと納税のキャンペーン中に集中的に利用してプラスαの還元をもらったり)

 

利用できる節税はできるだけ利用する

 

 

以上、このくらいは一通りやってます。

 

(細かいところを言えば、もっとありますが)

 

 

それでも

 

たまにサイテロ系のブログ見ると、「ウチは全然甘い。ぬるま湯だな…」と思う。

 

はっきり言って「満足感が得られるもの&ことにお金を使う」ことも、「お得に生活する」ことと同じくらい重要視してるから。

 

むしろ

 

ウチが「お得に生活する」のは、「満足感が得られるもの&ことにお金を使う」ためだから……

 

と言っていいでしょう。

 

 

そりゃもっと節約したり旅行やめたりすれば、もっと貯金額が増やせますが

同居家族に節約を強要すれば、ケンカになるのでできませんし

 

貯金のために旅行やめるなんてことになれば、

 

「なんのためにお金貯めてるんだっ!」 ⇒ 「使うためだろっ!」

 

って夫に怒られますので、バランスよく使った上での、ギリッギリの貯金ラインを目指します。

  

 これで夫婦円満、家族円満を保ちながら「貯金ゲーム」が楽しめます。

 

このちょうどいい案配のバランスは、夫や家族と大ゲンカしながら、お互い歩みよりながら、手探りでたどりついた結果の、家族の汗と涙の結晶ですわ。

 

(性格が全然似てない夫婦なら、結婚初期にこういった道を通ってるのではないでしょうか…?)

 

 

本来、わたしの性格では極限まで「節約ゲーム」にチャレンジしたいんです。

 

もっと節約したい!

冷暖房つけたくない!

水出しっぱなしで歯をみがいてる(同居中の)じーさんばーさん見ると文句言いたい!

ごはんとふりかけだけで十分!

 

 

いくら心の中でこう思っても、その思いを全部が全部通してたら、家族とケンカばかりになってしまいます。

 

イライラしすぎて正気が保てなくなります。

 

水出しっぱなしとか、冷蔵庫開けっぱなしとか、ちっちゃいことで気が狂う自分がイヤになってきます。

 

そんなわたしを見る夫もイライラしてくるし。

 

 

「これでは家族を不快にしてばかりだ……ほんとは家族を幸せにしたいのに!」

 

「こんな自分はイヤだから、なりたい自分になるんだ!」

 

 

そのように改心し、現在の「自分だけ節約ゲームやって、家族は好きにしてもらえばいい」というスタンスになりました。

 

あと、子どもが生まれたことでも変わりました。

 

夏は汗かきすぎてあせもにならないように、冬は寒くて風邪ひかないように気をつけてると、冷暖房をガンガンつけることに自然と抵抗がなくなりました。

 

冷暖房やそれなりの食事は健康管理上の必要経費であり、水出しっぱなしとか、冷蔵庫開けっぱなしとかでも寛容に受け入れるのは、家庭円満のための必要経費である

 

こう思えるようになりました。

 

(「こう思うように努力する」んでなく、心から思えるようになった)

 

それで家庭の中がしだいに平和になり、わたし自身もちっちゃいことでイライラせず、穏やかに暮らせるようになりました。

 

 

それはそれでいいんです。

 

ただ、一方で

 

サイテロ系のブログ見ると「ウチは全然甘い。ぬるま湯だな…」「もっともっと節約したーい!」と思うんです。

 

(隣の芝生が青く見えるんですね……)

 

しかし

 

同居や子育てしながら生活してる以上、それは不可能なんで、この思いはロスカットします。

 

逆に、贅沢な暮らしをして散財してる人を見ても、ちっともうらやましく感じないです……

 

(そんなお金あったら投資に使いたいし……)

 

 

「稼ぎまくった上で倹約してる人、倹約した上で稼ぎまくってる人、その上で自分の価値観で大切にしてる部分にバランスよくお金を使うことできる人」、そんな人こそ心から尊敬します。

 

(成功し続けてる投資家さんは、こんな感じの方が多いんじゃないでしょうか……)