まーまとれーど

夫は個人事業主(兼業)、妻は個人投資家(専業)のでこぼこ夫婦。

「入って良かったな~」と思う保険【あえて追加で入ってる保険】

f:id:trader-life:20190227094842j:plain

保険は損する確率が高いですし(そもそも保険で得するほどの病気やケガを負うことを望んでないわけで、「損してOK!」という前提で加入するわけですので)必要以上の保険には入らない派です。

 

 

それでも

 

「これはぜひ入っておきたい」と思って、「損してOK!」という前提であえて加入した保険があります。

 

それは

 

  • 自動車保険の弁護士費用等補償特約
  • 個人賠償責任保険(示談交渉付き)

 

です。

 

この2つを見てわかるようにですね、示談交渉の時に弁護士さんに頼めるのはこの上ない安心と心の余裕がもてます。

 

これぞ本当に「安心をお金で買う」にふさわしい。

 

 

追突事故なんかで実際に示談交渉することになった場合は、100:0で相手側に全面的に非があっても、示談交渉は自分と相手の保険会社との交渉になります。

 

プロの保険会社相手に素人(しかも口下手で人見知りの私)では完全になめられることは目に見えてます。

 

それでは悔しすぎて夜も眠れなくなるので、いざという時は弁護士さんに頼めるという安心と心の余裕をもっておきたいのです。

 

相場では「利食い千人力」と言いますが

保険(交渉)では「弁護士千人力」だと感じます。

 

たとえば追突事故の被害者側になった場合、弁護士さんの力が加わると、全く同じ状況でも受け取れる慰謝料の金額が違ったりします。

 

(実際に経験してるのでね……)

 

個人賠償責任保険の方は夫が加入すれば、月々数百円で同居の家族全員分まで補償範囲があるので、とても使える保険だと思ってます。

 

(しかも免責ゼロ、示談交渉付きだし)

 

以前、雑貨屋さんに行った時にですね、誰かがガラス食器が大量に並んでいた棚を倒してガッシャ―ンとなってるのを見かけました。

 

(倒れた棚が別の棚を倒し…ドミノ倒しのようになってた)

 

それを見て「あ、こういう時に個人賠償責任保険が使えるんだろうな……入っておこうかな……」と、思ったものです。

 

あと

 

「これはぜひ入っておきたい」と思って、「損してOK!」という前提であえて加入してもいいと思う保険(というか、入るべきだと思う保険)は、

 

  • 自動車保険
  • 火災・地震保険
  • 団体信用生命保険

 

これらは

 

むしろ、保険を使わずに済んだ方がいい(払い損する方がいい)のだ

 

という思いでお金を払いましょっか。

 

(わたしたち夫婦は家を買ってないので、団信は加入してませんが)

 

 

自動車保険は先ほどの追突事故の件で言うと、こちらが加害者側になった場合、保険会社が被害者との示談交渉をしてくれて賠償金も払ってくれますので本当に助けられるでしょうし、

 

火災・地震保険は実際家が被災した時に、本当に助けられました。

 

 

アラサーの時には入るべき保険には入ってたものの、まだ保険に助けられた経験がなく「保険料もったいないなー」としか思えませんでしたが、

 

アラフォーにもなれば保険に助けられる経験も何度かあり、「損してもいいから入るべき保険にはきちんと入っておきたい‼」と、自ら思えるようになりました。

 

(あ、もちろん必要以上には入りませんけどね)