まーまとれーど

夫は個人事業主(兼業)、妻は個人投資家(専業)のでこぼこ夫婦。

家族がいる場合の断捨離について考察(断捨離すりゃいいってもんじゃないんじゃね?)

f:id:trader-life:20190410132853j:plain

 

「断捨離は素晴らしい効果がある」

 

「断捨離するとお金が貯まる!」

 

「断捨離で運気アップ!!」

 

とか、よく聞きますね。

 

たしかに多くの人にとってはそうなのでしょう。

 

だからと言って、「100人いれば100人に良い効果がある」とは言えないと思うんですよ。

 

個別株の銘柄は非公開の理由ですが……コミットメントは私には逆効果だった話。【目標は言った方がいいか、言わない方がいいか】」でも書いてるように、

世の中でいくら「良い」と言われてる法則にも「人によって合う合わないがある」し、

 

そのバランスがむずい【消費と貯金と投資のバランス】」や

そのバランスがむずい②【消費と貯金と投資のバランス】」でも書いてるように、

全てはバランスが大事」なんだと思うんです。

 

私なりの結論を簡単に言うなら……

 

「世の中には断捨離で不快な思いをする人もいるので、断捨離するのが絶対良いこととはかぎらない。家族の幸せが大事なら、断捨離するなら家族との折り合いをつけながら、ほどほどに……」

 

ってとこですかね。

 

 

そもそも「断捨離するのは何のため?」

 

「家族の幸せのため」でしょ?!

 

家族の幸せ……つまりは家族が幸せになるために、家を片付けて「運気アップしたいな~」とか、「お金が貯まるといいな~」って願うからやるもんですよね。

 

(一人暮らしなら、おおいに自由にやればいいでしょうね)

 

だから

 

もし、断捨離(物を捨てること)を不快に思う家族がいるなら、断捨離することで家族を不幸せにしてることになりますね。

 

「家が片付くことで嫌な思いをする人なんて、いるわけないじゃん」

 

「家がスッキリするしお金も貯まるんだから、断捨離やった方が絶対いいに決まってんじゃん」

 

こう思いますよね、普通。

 

(私もそう思ってたし)

 

「家が片付くことで嫌な思いをする人なんて、いるわけないじゃん」

 

って思うんですが、いるんですよ。実際。

 

(夫のことね)

 

で、「でもでも、片付いてないとお金持ちになれないでしょ?!」

 

って思うんですが、いるんですよ。きったない部屋でも数億円の資産を持つお金持ち(天才トレーダー)が。実際。

 

「断捨離でお金が貯まる!」って言ってる人より、よっぽど稼いでるじゃんって話ですよ。

 

それ知った時は、かなり衝撃を受けて、そこから価値観が変わりましたよ。

 

「お金持ちになるのに風水関係ないじゃん!」

「お金持ちになるのに断捨離関係ないじゃん!」

 

ってね。

 

風水も断捨離も、「きれいな部屋で金運がアップする」という考えが基本にあるんだけども、部屋が片付いてることよりも、部屋がきれいなことよりも、金運アップのグッズを置くことよりも、

 

投資においては「やるべきことをやる」「やるべきことができる」(=バッサリ損切りができ、暴落時にきちんと買って売値までじっと待つ、という不安や恐怖や欲にうち勝ち確率的思考で売買できる)人が成功するんだな……って、

 

考えてみればそりゃ当たり前のことなんだけども、「断捨離にこだわらなくても、やるべきことをやればお金持ちにはなれるんだー……」という免罪符を得たんです。

 

(逆にどんなに断捨離して家がきれいでも、やるべきことをやらないと、お金持ちにはなれない……)

 

その時までは、物を買ってはどんどん増やす同居家族や夫に腹を立てたものです。

 

免罪符を得てからは、寛容になってきましたね。

 

(別に物でごちゃごちゃしてようが、お金持ちになるかどうかとは関係ないから。ただ、限度はあるので、ある程度にしてほしいけど……)

 

 

また、1度夫と断捨離について議論したことがあります。

 

テレビでミニマリストに密着してる番組を見てたんですよ。

 

「ミニマリストって、合理的な生活スタイルでお金貯まるんですよー」的な発言をしてるのを見て、私は「いいなー、そりゃお金貯まりそうだわなー」って思ったんで、

 

夫に「こんな生活ってどう思う?」「お金貯まりそうだよね?」って聞いてみたんです。

 

そしたら

 

こんな生活はやだね!

と、夫に一喝されました。

 

物がある方が落ち着くなんにも物がなくてスッキリしてたら落ち着かなくてこの家を出ていくかもね!」

 

だって。

 

これでは断捨離する意味ないですね。

家族のためにやろうとしてるのに、これではむしろマイナスだ!!

 

夫はこうも言ってました。

 

いくらお金が貯まるって言ってもほしい物が気兼ねなく買えないんじゃお金貯めても意味ないじゃん

 

こんな部屋では働く気が失せる!」

 

だって。


(↑こんな部屋 = ミニマリストのように何もない部屋)

 

 

「家が片付くことで嫌な思いをする人なんて、いるわけないじゃん」

 

「家がスッキリするしお金も貯まるんだから、断捨離やった方が絶対いいに決まってんじゃん」

 

こう思っていた私にとって、まるっきり真逆の意見だったので衝撃的でした。

 

「もう、断捨離にこだわるのはやめよう」

「物を捨てるのはほどほどにしよう、夫の好きなようにさせてあげよう」

 

その時、こう心に決めました。

 

 

世の中でいくら「良い」と言われてる法則にも

人によって合う合わないがある」し、

全てはバランスが大事」。

 

ほんとそう思います。

 

 

なので……

 

家族に押し付けるのはやめよう

部屋がぐちゃぐちゃでも受け入れて、夫の居心地を優先しよう

 

と、決めてます。

 

かといって、夫も「部屋がぐちゃぐちゃすぎても嫌」だそうなので、ほどほどに片づける感じをキープしてます^^;

 

まさにバランス大事

 

 

そんな夫でも、なぜか「玄関を明るくきれいにスッキリ保つ」ことだけには、私以上に強いこだわりがあるようで、ただの物にあふれた家ってわけじゃないのは補足しておきます。

 

(玄関以外もほどほどには片付いてると思うんですが……ミニマリストから見たら物だらけって思うかもな。別にいいけど)

 

ちなみに「財布について考察」の内容も、今回の記事で言ってるのと似たようなもんです。