まーまとれーど

夫は個人事業主(兼業)、妻は個人投資家(専業)のでこぼこ夫婦。

サラリーマンが事業をやるってことは

f:id:trader-life:20180427120603j:plain

 

サラリーマンが事業をやるってことは、

「相応のリスクを背負って覚悟をもってやる」ってことです。

 

サラリーマンが事業をやることの大きなリスクは、

 

 

  • 会社をクビになる可能性がある
  • 会社をやめた時、失業保険をもらえない

 

こと。

 

 

世の中「副業解禁」の流れになってきてはいますが、会社の判断によってはクビになる可能性があり、事業をやることがクビの理由であっても「それでもいい、それでもやる」と思える覚悟があるか?

 

また

 

雇用保険料は給与から天引きされてても、事業をやってると会社はやめても失業はしてないから、失業保険がもらえなくなるが「それでもいい、それでもやる」と思える覚悟があるか?

 

 

この2大リスクを受け入れた上で、覚悟をもって事業をはじめなければなりません。

バイト感覚でやる副業とは、気持ちの上でも一線を画するわけです。

 

 

 

夫も、もちろんこれらの覚悟を決めているわけです。

 

(夫の思いを確認済み)

 

「それでもいいから事業をやりたい」という、固まった意志があるからやってるようだし、

そういう覚悟をもってることを見せれる(説明できる・伝えられる)自信はあるようです。

 

一方、妻のわたしも受け入れています。

 

(それでもいいように「株トレードで稼ぐ」ことにつながったんだし。そういった不確実要素があるからこそ、トレードに打ちこめれる部分もある)

 

 

もしかしたら会社員という(とりあえずの)安定を捨てることになってでも「自分の事業で成功したい」、

そういう思いが固まってこそ、サラリーマンが事業をやるってことなんでしょう。

 

逆にそういう思いでないなら、副業にとどめておくべきでしょう。

 

 

もしかしたら夫の選択が金銭的に損する可能性もあるのですが、

現段階ではわたしは口を挟まず、夫の判断に任せている状態です。

 

(現段階ではね……)