まーまとれーど

夫は個人事業主(兼業)、妻は個人投資家(専業)のでこぼこ夫婦。

毎月の積立貯金(積立投資含む)の棚卸し【2019年版】&来年の積立貯金【2020年版】

f:id:trader-life:20190531110536j:plain

 

思考の整理のため、何に積立貯金してるか一旦棚卸ししてみる。

 

現在積立しているもの(積立投資含む)を、全て書き出してみる。

 

投資については、【投資状況】【投資方針】カテゴリをどうぞ。

 

 

今年積立していたもの【2019年版】

 

①旅行積立(目的:遠出の旅費用)

 

普段近場にお出かけする分は、毎月の給料の中でやりくりします。

 

旅行積立は遠出の旅行用。

 

▼くわしくは、こちらをどうぞ。

 

【ウチの家計ルール②】【旅行積立のルール】

 

 

②事業積立(目的:夫の事業投資用)

 

事業積立をするようになった経緯は、「節税、節税、言うてたら旦那様に怒られた 」で書いてます。

 

事業積立に関してわたしは貯めるの担当なだけで、使い方は夫に全て任せます。

 

(なので、結局事業に使わず他のことに使う可能性はあり)

 

 

しかしながら、変更しました!

 

ちまちまと事業積立をしてきましたが、ここ最近の諸事情により、夫との話し合いで事業積立を廃止することになりました。

 

今後必要になった場合は、資産の取り崩しによって対応する形となりました。

 

(で、しばらくは取り崩す必要なし)

 

というわけで、来年からは積み立てしません。

 

 

③税金支払い用積立(目的:税金の支払い用)

 

夫婦それぞれ投資をしてるのですが、投資の中でも【雑所得】になる部分は源泉徴収されませんので、申告後、追加で納税する必要があります。

 

 

 

雑所得が大きくなると当然税金も多額になってくるので、納税時にあわてることのないよう、雑所得含めた収入から毎月積み立てて確保しておきます。

 

(メインに取引してるのは、夫はFX・仮想通貨といった通貨系、私は株。ただ、夫も株をやったりするし、私もFXをやったりします)

 

 

④車購入用積立(目的:車購入費用)

 

10年に1度くらい車を買い替えるので、その費用を数年かけて確保しておく。

 

買い替え後、5年くらいは積み立てしないでいて、また買い替え数年前くらいになったら積み立て開始するかんじ。

 

で、来年は積み立てしません。

 

 

⑤投信積立(目的:老後資金)

 

 

  1. eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)
  2. iFreeNEXT NASDAQ100インデックス

 

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)は、毎月1回積立&増額月2回あり
iFreeNEXT NASDAQ100インデックスは、毎月1回積立の設定してます。

 

 

【補足】:2019年10月に全売却しました。

 

(「今後の投資計画の修正&追加」したので、来年からは積み立てしません) 

 

 

⑥外貨建MMF積立(目的:外貨取得=インフレ対策しつつ、機会があれば米株買う資金にする)

 

 

  1. 米ドル建MMF

 

積立設定はせず、「あ…安いかも…?」って感覚的に思った時にまとめて買い付けます。

 

(1~2ヶ月に1度は買い付けていく)

 

米ドル積立FXをやめて米ドル建MMFを買い付けていくことにした理由は、こちらの記事に書いてます。☟

 

 

【補足】:2019年10月に全売却しました。

 

(「今後の投資計画の修正&追加」したので、来年からは積み立てしません) 

 

 

毎月の積立は、以上。

 

 

考察

 

以前は、こんなふうに分けずに「先にまとめて貯金して、あとで分ける」かんじでした。数年前までは、①~④は存在してませんでしたし。

 

(なぜなら分ける必要性がなかったから)

 

ここ数年でそれぞれちゃんと分けて積立するようになった理由は、

夫に怒られて事業積立という名目での貯金が必要になったり、

分けとかないと投資に使ってしまったりしてしまうから。

 

(つまり、分ける必要性が出てきたから)

 

あと、投資方針が定まってきたからこそ、その他のお金については①~⑥といったものにきちんとまわせるようになってきたと思う。

 

(つまり、資金繰りに余裕が出てきたから)

 

投資方針がまだ模索中でちゃんと定まってない時期は、どうしても資金繰りもセットになるんで、小分けにして積立する余裕がなかったし……

 

(小分けにして資金効率が下がるのを嫌ってたんで……)

 

 

今現在は、

 

 

  • 【1】①~⑥の積立についてしっかり続けつつ
  • 【2】投資については計画通り売買する
  • 大きくこの2点やればOK!

 

と、心が定まっている。

 

(ただし、来年から廃止のものもあり)

 

なので

 

①~⑥の積立をしっかり続けるために、やりくりも地味に重要。

 

(やりくりも、「地味にスゴイ!」)

 

重要なのがわかっているからこそ、

大きな利益を狙う」一方で「目の前の小さな節約も頑張れる」という面もある。

 

 

また

 

やることを整理することで心が定まる」ので、

頭がごちゃごちゃしてきたら、まず「整理する」ことにしてます。

 

(「やることリスト」の整理もそうだし、身のまわりの物の整理もそう。脳科学的にはリンクしてるそうなので、両方大事なんですね)

 

「頭の整理」と「ブログ記事の作成」が一気にできるので、

【棚卸し的な記事】は大いに自分のためになります。

 

 

(で、「自分のため」が「人のため」に役立てたらもっと最高だな……と、思ってブログ書いているんですけどね……)

 

 

以上、毎月の積立貯金の棚卸しはこんなところでしょうか。

 

 

 

来年積立するもの【2020年版】

 

f:id:trader-life:20180624203929j:plain

 

思考の整理のため、何に積立貯金するか一旦整理してみる。

 

来年積立するもの(積立投資含む)を、全て書き出してみる。

 

 

①旅行積立(目的:遠出の旅費用)

 

継続!

 

 

②税金支払い用積立(目的:税金の支払い用)

 

継続!

 

 

③NISA用積立(目的:NISA口座での投資用)【新規導入】

 

2020年分のNISA投資用資金はすでに確保済み。

 

2021年分のNISA投資用資金を、2020年中に積立していきます。

 

投資計画の修正&追加」をする中で、

現在証券口座にある分の【資金管理計画】をやってます。

 

で、NISA投資用資金は、前年度に積立して確保すれば間に合うんで、こうします。

 

 

④生活費用&現金確保用積立【新規導入】

 

投資計画の修正&追加」により、来年からは「現金の確保」に力を入れていきます。

 

「投資用の資金確保」でもあり、

「今後夫が会社をやめた時の当面の生活費」としても使えるように、

現金確保が来年以降の重要課題】であります。

 

なので、この口座にガンガン貯金&臨時収入を貯めていきます。

 

事業積立を廃止したんで、「①〜③の積立分を除いた貯金&余剰金」は、全てこの④へ入金していきます。

 

 

当面は、

 

 

  • 【1】①~④の積立についてしっかり続けつつ
  • 【2】投資については計画通り売買する
  • 大きくこの2点やればOK!

 

と、心が定まっている。

 

 

以上、2020年の積立はこんなかんじでいきます。

 

▼ランキング参加中。 応援していただけると更新の励みになります。

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ
にほんブログ村