まーまとれーど

夫は個人事業主(兼業)、妻は個人投資家(専業)のでこぼこ夫婦。

「今後の相場がどうなるか」わからなすぎるんで、こうする【米株定期買付】

f:id:trader-life:20180730195913j:plain

 

新型コロナの影響で、下げも上げもきつく、市場が乱高下してます。

 

リバも大きいですが、現状は感染者が増えている状態で、なにも変わってないですし……

 

今後、「企業の業績にどのくらいの影響が出るか」わかりませんし……

 

(企業の業績への影響は意外と軽微かもしれませんし、予想以上のダメージを受けてるかもしれません…… ← 業種・国によって、かなり影響の差は出るでしょうけど)

 

本当にわからない……

 

(いつもわからないけど)

 

マクロ視点(相場全体の動き)でもわからないし

ミクロ視点(個別株の動き)でもわからない。

 

なので

 

「上げても下げても、どっちでもOK」な戦略でいくことにしました。

 

「上げても下げても、どっちでもOK」な戦略とは、

みなさんご存知の【積立投資】です。

 

(別の言い方だと【るいとう】です)

 

空売り・ベア系投信・VIX指数・先物等…いろいろなリスクヘッジの方法はあるので、それらを組み合わせるやり方もあるのですが、

わたしは器用なことはできないし(上記のヘッジをしたことはあるが、過去にうまくいった試しがないし)、シンプルな方がいいんで……

【積立投資】で対応していきます。

 

(ポートフォリオの一部のみですが)

 

 

 

とりあえず、先日大きく下げた時に「米個別A株新規買い」しました。

 

(ほんとに少額です。ディフェンシブ銘柄でなく、成長株です)

 

今後この米個別A株を買い増しするのに、

「新型コロナの影響がどの程度か」本当にわからないので、

「市場全体の流れ(マクロ)」と「個別の業績(ミクロ)」が、どうなるか本当にわからないので、

積立投資方式(るいとう)で機械的に淡々と買い増していくことにします。

 

(「インデックス投信の積立投資と同じやり方を米個別株でやるかんじ)

 

「インデックス投信の積立投資」と違って手数料がそれなりにかかりますので期待値の高い銘柄じゃないと不利になります。手数料と期待値の兼ね合いを考えないとね……

 

 

▼SBI証券の場合、くわしくはこちら

www.sbisec.co.jp

 

▼ SBI 証券の「米国株式・ETF定期買付サービス」について、わかりやすく解説してくれてる記事(外部サイト)はこちら

fin-d.life

 

 

日本株の買いは主にチャートで判断してますが、

米株の買いは本当にわからん。

 

(経験も浅いし、あまり研究もしてないから、当然だけども)

 

 

積立投資は「ベストの手法」ではないのですが、

相場が読めない時の手法としては「まあ、ベターな手法」なので、「まあ、これでヨシ」とします。

 

株数指定ではなく、

金額指定(ドル・コスト平均法)で

毎月1回積み立て設定しました。

 

(自分で選んだ株を、毎月一定額積み立て購入する =【るいとう】)

 

 

「別に手動で毎月買いつけりゃいいじゃん」とか

「指値で放置しとけばいいじゃん」とか

基本、個別株はそうなるんですが、

今まで米株の成長株を「下げたら買おう」と思って待っていても、計画した買値まで下げた試しがありません……

 

(Amazon ・Facebook・NVIDIA・テスラ……狙っていたものの、ことごとく買いそびれてきた……)

 

いつも買いそびれているので、今回は株価を気にせず淡々と買っていく【米株定期買付】を利用してみることにしました。

 

(手動だと余計な感情が入ってしまい、途中で買うのやめたりしそうなんで……)

 

 

とりあえず、2020年いっぱいは、積立投資で機械的に特定の米個別株を買い増していき、

その後は、個別株の動きをみて「積み立てを続けるか・やめるか」その都度判断します。

 

 

  • (相場が上げようが下げようが)個別株が下げ続けたら、上げる兆しが出るまで積立投資を続ける(長くて、今から〜5年間までがメド)
  • (相場が上げようが下げようが)個別株が上げ出してたら、2020年いっぱいで積立投資をやめる

 

このようなかんじでいこう。

 

 

  • 「買いは長くて5年間積み立てを続けてもいい」前提でいる
  • 「売りは長くて10年後でもいい」前提でいる
  • 「買い」と「売り」の基準となる株価ラインは決めてある(あくまで基準であり、その都度柔軟に対応していく)

 

こんなかんじでいる。

 

(「買い増したい」と考えていると、どんどん上がるのが常ですが。で、「もう十分買った」と思ったら、どんどん下げるのが常ですが……)

 

米個別A株の買いは、上記のようなかんじでいきます。

 

積立投資方式で米株を買うのは、「成長性のある米株ならではの買い方かな」と思う。

日本株ではやらないです……

 

 

 

自分の中で「どう考えても、上げるしかない」と思うなら、1回から3回程度の買いで終了しますが。

逆に「どう考えても、下げるしかない」と思うなら、これまた下げるまで待ってからの、1回から3回程度の買いで終了しますが…

本当に「どうなるかわからん」ので、積立投資します。

 

 

積立投資は右肩上がりの相場では「利益にはなるものの、利益率は下がる」と思うので、

右肩上がりの相場より、乱高下、もしくは下げ相場の方がいいんですけどね……

 

(そうすれば、上げる前に「元本 = ポジション」がたんまり積み上がるから)

 

ただ

 

下げ相場だと、すでに保有してる株に影響するので、それはそれで複雑な気持ちなんですけどね……

 

 

今回書いた【個別株を積立投資方式で買う】方法は、

「もし、キャッシュが十分確保できる前に、何らかの危機で暴落したら、こうしようかな……」と去年から考えていたので、こうします。

 

(「今後の投資計画の修正&追加【2019年12月版】」でも、チラッと書いてましたが)

 

 

「インデックス投信の積立投資」はしてきたのですが、

「個別株の積立投資」は初めてなので、お試し的な要素もあります。

 

【関連記事】

 

 

今回は、自分の中だけで「QQQより米個別A株の方に魅力を感じた」ので、個別株を買い増していくことにしましたが、

「おとなしくQQQにしとけばよかったね」という結果になるかもしれません。

 

(し、ならないかもしれません……)

 

*一般的に「リスク軽減できる」と言われる積立投資ですが、銘柄選びを間違えるとかなりハイリスクになると思います。というより、将来的に上昇する見込みがない銘柄を買うと救いようがない状態になると思うので、決しておすすめはしませんよ!

「たとえ下げ相場が続いても、将来的に上昇するなら救われる」ので、初心者の方は、バフェットがすすめているように「S&P500のインデックス投信・ETF」が無難かと思います……が、 これも、決して推奨ではありませんよ!

投資は、自己判断・自己責任で行ってください。